目が痛いあなたへ!パソコン疲れを常に解消する方法【たった1つ変えるだけ!】

目の疲れ解消

こんにちは、ひがさんです。

≫プロフィール

スマホやパソコンで、目が痛くなりませんか?
でも、やめられない・・・。

心当たりありますよね?

以前の私は、
パソコンで目が痛くて、痛くて。
突然、涙が出てくることがありました(泣)

友人と会っているときに、
突然涙が・・・。

「あれ、目、大丈夫?」
「大丈夫、大丈夫」

と言いながら、目の涙を拭って、
心の中で
「変に心配されているんじゃないか?」
「なんか恥ずかしくてカッコ悪いな~」

と、、楽しい雰囲気が変わってしまうことがありました。

しかも、場面に関係なく、何の前触れもなく、
突然涙が出るものだから、
対策しようもなく。

またそれほど頻繁に、
涙が出るわけではありませんでした。

月日が流れて、

ある時、ブルーライトという言葉を知って、

「ああ、これで、目が痛くなって涙が出ていたのか!」

と納得して、対策をし始めました。

原因は何と言っても、長時間するパソコン。
当時は、ネットビジネスをやり始めたばかりで、
ギラギラ光るブルーライトの光を直視していました。

可視光線の中で1番強いブルーライト。

目は疲れるし、
でも、パソコンで仕事はしたいし。

そんな時、色々と調べて知ったのが、
あるソフトだったんです。

これを導入してから、目の疲れは解消。
突然涙が出ることはなくなりました。

快適すぎて
長時間パソコンしても、
大丈夫になりました。

そのソフトというのが、

『f.lux』です。

f.lux説明

無料のソフトで、3年以上使っていますが、問題なく使えています。

無料だと、うっとうしい広告が出るものもありますが、
『f.lux』は1度も広告が出たことがないので、快適に使えます。

WindowsでもMacでも使えます。

⇒f.luxを無料でダウンロードする

※自己責任の元、お使いください。

 

『f.lux』は、ブルーライトカットのレベルを自分で調整できます。

f.lux パソコンでの目の疲れを解消0

調整も簡単右下の丸いオレンジと黒のマークを押して調整するだけです。

ブルーライトカットの割合を上げると、
オレンジ色ぽい画面になります。
だいたい1900kだと薄いオレンジ色の画面になります。

f.lux パソコンでの目の疲れを解消1

3900kまで上げると、だいたい普通の画面のように色彩がハッキリします。
何も対策しないと6500kなので、
3900kでも、目の疲れはずいぶん違います。

f.lux パソコンでの目の疲れを解消2

また、『f.lux』には
人間が快適に睡眠できるように、
太陽に合わせて、
ブルーライトのレベルを、
自動で調整してくれる機能も付いています。

ブルーライトは、体内リズムを調整するので、睡眠にも影響します。
夜にスマホを使うと寝れなくなるのは、ブルーライトが原因。

太陽にもブルーライトが含まれているので、
上手にブルーライトを調整すればいいというわけですね。

最後に

もしスマホやパソコンを避けても、
現代では、あらゆるところに、可視光線の中で1番強いブルーライトが使われています。

スマホ

パソコン

タブレット

LEDライト(家や店の照明器具、街の看板など)

テレビ(液晶、有機EL、ブラウン管)

できるだけ、よく使うものだけでも、対策しておきたいものですね。

ブルーライトは、

目の疲れだけではなく、
視力の低下、
睡眠障害
脳や体の疲れなど

健康被害が出る強力な光です。

あなたも痛い目こすりながら生活しているのであれば、
1度『f.lux』を使ってみてください。

合わなければ、アンインストール(ごみ箱行き)すればいいだけですからね。

⇒f.luxを無料でダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)